ホーム
マイアカウント
お問い合わせ
講座内容

並び順を変更 » 

副科(レベル1)・本科(通信講座)
針と糸を使わず糊だけで作る指貫です。小さいながら貼り込みの技法が詰め込まれています。
0円(内税)
副科(レベル1)・本科(通信講座)
貼り込みで作る「紙用ハサミ入」と「扇子入」です。どちらも「紐や留め具を使わず」かつ「抜けにくい」構造になっています。
0円(内税)
副科(レベル2、または中級筥迫用)
「巾着」と「飾り房」は筥迫に必須の小物たちです。教本仕様の筥迫と講習会中級の筥迫用のレベルに分けた作り方をします。
0円(内税)
副科(レベル3)・本科(通信講座)
金封袱紗の型を上下逆転して、段口、上口を加え、掛け紐を付けた応用型です。金封袱紗を受講したら是非チャレンジしてください。
0円(内税)
副科(レベル3)・本科(通信講座)
最も単純な二ツ折の懐紙挟みです。本来の両笹爪(牛骨)を付けて仕上げます。初心者がチャレンジするにはちょうどよい型です。
0円(内税)
副科(レベル4)、本科(レベル8)
鏡をアクセントにした懐紙用紙入れです。貼り込みのレベル的には難しいことはなく抱き合わせも単純。細工を楽しんでいただきたい型です。
0円(内税)
副科(レベル5)・本科(通信講座)
携帯用の小さな裁縫用具入れです。小さいながら細工の技が詰め込まれています。 筥迫工房の講習会の中で最も人気のある型です。
0円(内税)
副科(レベル5)・本科(通信講座)
鏡付きの実用的な脂取り紙入れです。中に隠れる差込の小被せが特徴の仕様です。
0円(内税)
副科(レベル6)・本科(通信講座)
メモ帳を備えた小さな名刺入れを、和綴じの型に仕立ててみました。小さいながらも「外題」をアクセントとした美しい形の袋物です。
0円(内税)
本科(レベル7)
本科・講習会を受講する方必修の講座です。金封袱紗で貼り込みの道具の使い方、糊の使い方など基本的な貼り込みの技法を学びます。
0円(内税)
本科(レベル8)
二つ折りの単純な型の名刺入れと鏡入れです。名刺入れの中作りは細工を施した楽しい作りになっています。紙入系の袋物に必須の「折り掛け」を学びます。
0円(内税)
本科(レベル9) ※副科ではレベル7受講必須
折り襠と留め具を付けた初歩的な「折襠付紙入」と、組入れで「名刺入れ」を作ります。折襠紙入は現代では念珠入れとしてよく使われているものです。
0円(内税)
本科(レベル9)
帯地などの厚布を使った帛紗挟みです。小物入れとしてもお使いいただけます。七宝縢りをするための糸撚りを行います。
0円(内税)
本科(レベル10)※副科ではレベル7受講必須
筥迫には大きく分けて装飾系と実用系があります。三段口扇襠筥迫は小銭等を入れる扇襠、カードを入れる三つの段口、背面に鏡と脂取り紙用の差し込みが付いた薄型で実用的な筥迫です。
0円(内税)
本科(レベル12)※副科ではレベル7受講必須
二ツ折が特徴の薄型で小ぶりな筥迫です。 実用筥迫でありながら横挿しにびら簪を挿入できる仕様となっており、装飾的な使い方もできる筥迫です。 オプションとして、普段着使いでストラップとして使える「ぶら」の材料もご用意しております。
0円(内税)
本科(レベル12)※副科ではレベル7受講必須
現代の筥迫の代表格はこの「縢襠付筥迫」です。 ふんわりと綿の入った「被せ」と「胴締め」、そして何より目のひく「びら簪」を添えた、ハレの日の主役を特定するための特別な装飾筥迫です。
0円(内税)
本科(レベル12)※副科ではレベル7受講必須
「四ツ襠」とは、折り襠二つの間に仕切りの入った型で念珠入れの応用です。 ポケットティッシュが入るサイズで、折り掛けの内側にペン挿しを付けた実用性と、「前金具」と包みの「小はぜ」を付け重厚感のある意匠に仕上げました。
0円(内税)
本科(レベル12)※副科ではレベル7受講必須
「装飾技法」に特化した講座なので型は作りません。このレベル13からは上級コースになるので課題提出は必須です。この講座では課題は持参ではなく、受講後に講座で習った技法を使い課題2点を仕上げて提出していただきます。
0円(内税)
副科(レベル12)・本科(通信講座)
閉じると籠千代田、開くとお針箱という意外性が楽しい袋物です。持ち運ぶときや使わないときは巾着を締めるだけで簡単にまとめることができる、使い勝手の良いお針箱です。
0円(内税)
本科・副科(レベル13)
三種類ある「縢襠付筥迫」の中の仕立てでは最上位型です。「玉縁」「差し込み鏡」「折り襠」が付きます。
0円(内税)