ホーム
マイアカウント
お問い合わせ

単発講習(1日開催)・土日祝日開催

講習会(お針子会・東京都豊島区池袋)




講座ごとに開催される単発の講習会で、1日で1個の型を確実に作り上げていきます。
週末や祝日の開催なので、平日勤務で時間がとりずらい方、また遠方から参加される方にお勧めです。






  初めて講習会を受講する方へ

入門コース「貼り込みの基礎 金封袱紗」と体験コース「携帯裁縫用具入」

講習会で行われる講座を受講される方は、入門コースの「貼り込みの基本(金封袱紗)」から受講していただきます。
金封袱紗を作りながら、道具の使い方、糊の扱い方、貼り込みの基本的な手順、袋物細工に適した布の説明など、貼り込みに必要な基礎的な内容を学びます。

講習会では「道具類」は全て受講者側でご持参いただきます。
入門コースのみ「布」は教材としてご用意いたしますが、その他必要な道具類は必ずお持ちください。
講習会に必要な道具はショップでも販売しております。
※1日講習のため時間が限られます。
 友達同士で一緒に参加する場合も道具類は共有せず必ず個別に揃えてご参加ください。

入門コースを受講する前に貼り込みの体験をしたい方のために、体験コースの「携帯裁縫用具入」がございます。
こちらは細工アイロン、カッターマットなどの道具類は無料で貸し出しいたします。
布もこちらでご用意いたします。
面倒な事前作業もこちらで全てご用意いたしますので、気軽に貼り込み作業から体験していただくことができます。

体験コースで貼り込みの袋物を知っていただき、本格的に入門コースの受講をお考えいただければと思います。





  持ち物について

講習会では、貼り込み作業に使う道具類は全て受講者にお持ちいただきます。
また、体験コース、入門コースを除いて「布類」もご用意いただきます。
道具の詳細は以下ご参照ください。

講習会に必要な道具類




  初級以上のコースについて

講習会は1日で型を作りきる内容なので、各コースに合わせて自宅での「事前作業」があります。

・入門コース:事前作業なし(布は支給)
・初級コース:ホットメルト紙への複写、厚紙の裁断等
       初級以上は各自で布を持参する。
       初級までは講師と一緒に柄取りの練習から始めます。
・中級コース:ホットメルト紙への複写、布への接着、裁断、スジ付、厚紙の裁断等
       中級から部品が細かくなるため事前作業が増えます。
・上級コース:上記作業に貼り込み部分まで含まれることもあります。
       1日で作りきることが難しい型は、フリークラスでの受講となります。

講習会の詳しい「レベル表」と開催日の「スケジュール表」は以下ご参照ください。

講習会レベル表

講習会スケジュール表





  通信講座について

講習会で開催されない講座は「通信講座」として受講することができます。
通信講座の受講は任意ですが、初級コースの応用や、初級コースを受講してすぐに作ることができるレベルのものが多いので、是非チャレンジしていただければと思います。
自分で考え、数を作って手を慣らすことで、中級以上の講座に余裕を持って臨むことができるようになります。

通信講座のお申し込みは、各講座の説明ページの一番下から行います。




  上級コース フリークラスについて

上級の講座は部品も多く、工程がより複雑になるため、1日で作ることが難しいと思われるような型は「フリークラス」で受講していただくことになります。
ただしフリークラス進級には「課題提出」が必須です。

2020年の課題は以下4点です。ご自宅で作ったものをお持ちください。
・金封袱紗(教材の布以外でお作りください)
・縢襠付筥迫(あがき)
・筥迫房と飾り房
・四ツ襠紙入

フリークラスは2日続きで開催いたします。
1日の参加でも2日続きの参加でも可能ですが、全員が希望の型(違う作業)をするような状況になりますので、講習会のように確実に1日で作り上げられるわけではありません。

また、講習会では扱えないような素材、講習会のスケジュールが合わなくて受講できなかった講座、刺繍筥迫の絵付けの仕方などもフリークラスで対応致します。





  お申し込み方法

講習会の申し込み方法は、筥迫工房のネットショップから「ご注文」という形でお申し込みいただきます。
お申し込み後に「ご注文確定自動メール」が送られてきましたら、予約完了です。

お申し込みの詳細は以下をご参照ください。

講習会の申し込み方法




  講習会 会場

和裁教室 お針子会(地図)
住所:東京都豊島区池袋2-29-1 若栗マンション101


体験コースは「お針子会」の他に「つたえ」で行われることもありますので、必ず申し込み時に指定された場所をご確認ください。