ホーム
マイアカウント
お問い合わせ
縢襠付筥迫(かがりまちつきはこせこ)
小さき美しきもの

ハレの日の特別な装身具 〜縢襠付筥迫〜


柄合わせをした胴締め、華やかなびら簪、飾り房のストラップ、ストッパー役のかわいい巾着、、、これらの細工が施された筥迫独特の意匠は、ハレの日に特別感を与える装身具として、現代では花嫁衣装だけに受け継がれてきました。


※七五三の帯解きの衣装(七歳)は花嫁衣装を模倣したものなので、現代ではこの二つの儀式を象徴する装身具として筥迫が知られています。


縢襠(かがりまち)とは、筥迫の側面に縢り(千鳥掛けともいう)が施したもので、ここに懐紙を入れ、前面の三つ折り部分には鏡と段口(ポケット)が付いた形が一般的です。
そして何より特徴的な「筥迫びら簪」を添えて使います。
※筥迫びら簪は筥迫専用に作られた飾りなので、ヘアアクセサリーとしては使えません。

このびら簪を添えた「縢襠付筥迫」は現代の筥迫の代表格です。
そして、豪華な装飾を施すことができるこの型は、花嫁衣装や七五三だけに使われるものではなく、十三詣り、成人式など、主役を特定するような場に特別感をもたらす最適な装身具といえます。

実際に身につけなくても、この美しい筥迫を愛でるためだけに収集をする愛好家も多く、また、特別な日に部屋に飾るなど、思い思いの楽しみ方で筥迫を使うこともできるのです。





筥迫(はこせこ)作りに挑戦しましょう!

「筥迫を作れるとは思わなかった!」と驚かれる方は少なくありません。
しかし、筥迫は決して素人に作れないというものではないのです。
もちろん仕立てるには難儀な部類に入る細工物ですが、その複雑さこそが筥迫の魅力です。

筥迫工房では、特別の装身具として使う筥迫を「装飾筥迫」、実用として普段着の着物にも使う筥迫を「実用筥迫」と呼んでいます。
代表的な装飾筥迫である縢襠付筥迫は、現代では省略した形が多く出回っていますが、この教本で作る筥迫は昔ながらの正統派筥迫の型を忠実に再現しております。

筥迫は小さいながら多くの部品が使われ、手順の多さが特徴です。
筥迫の付属品である「落し巾着(匂い袋)」「飾り房(飾り結び・房)」「簪刺し」などの小物は、それぞれが一つの細工物として成り立つものですが、これらの小道具も忠実に作り上げます。
そのため、この教本では一つの型に特化し、画像をふんだんに使ったわかりやすい内容になっています。

根気よく正確に作りあげることさえできれば、どこにも売っていない自分だけの美しい筥迫を仕立てることができるでしょう。


※子供用の筥迫を作りたい方は、添付の型紙を縮小して使います(三歳用、七歳用の倍率指定有)。

筥迫工房の仕立ては、接着剤を使う「貼り込み(貼り付け)」技法で制作していきます。
「縫う」という作業は極わずかで、千鳥掛けと巾着の縫い合わせを手縫いで行う程度しかありません。
縫い物が苦手な方でも、工作的な作業がお好きな方なら、楽しく筥迫作りに取り組めるのではないでしょうか。



この教本の内容

本編:カラー12ページ
型紙:モノクロ8枚
専用ファイル付






<基本編> 平面仕立て P.2〜P.8


教本では、被せ(前面の蓋部分)を平面的に仕上げたこの基本の型から解説しています。
この型では、綿入れ、柄合わせ、玉縁をしないので比較的難度の低いものなので、この型から練習をして応用の筥迫に挑戦しましょう。

1)部品の準備(副読本:基本作業参考)
2)貼り付け(副読本:基本作業参考)
3)簪挿しの作り方
4)抱き合わせ(副読本:基本作業参照)
5)縢り(かがり)
6)落とし巾着の作り方(副読本:共通編参照)
7)飾り房の作り方(副読本:共通編参照)
8)仕上げ


<応用編> 綿入れ仕立て P.9〜P.10


基本の型でしっかりと練習したら「綿入れ」に挑戦しましょう。
この仕立て方は、被せと胴締めに綿を入れた筥迫独特の仕立て方です。
立体感のある貼り込みの手法を学びます。

1)綿入れ


<応用編> 綿入れ玉縁柄合わせ仕立て P.9〜P.11


最後は「綿入れ」「柄合わせ」「玉縁」の本格的な筥迫に挑戦しましょう。
この仕立て方は、綿入れに加え玉縁(パイピング)を施し、被せと胴締めの柄合わせをした、筥迫の華ともいうべき最上級の仕立てです。

1)綿入れ
2)挟み玉縁
3)柄合わせ


<実用編> P.11〜P.12

現代では筥迫を身につけることが身近でなくなったことから、扱い方がわからない方が多いのも事実です。
手間暇をかけて筥迫を作るのですから、筥迫を正しく装うことができるように、筥迫の使い方を知りましょう。

1)年代に合わせた筥迫の使い方
2)筥迫の装着





教本の価格(副読本とオプションについて)

この教本では、副読本の「貼り込みの基本」と合わせて説明しているため副読本が必須です。
初めてご購入される方は、大変申し訳ありませんがオプションにて合わせてご購入ください。

・教本&副読本セット3・・・・・2,580円
 ※始めて教本を注文される方はこちらをお選びください。

・教本単品・・・・・・1,430円
 ※すでに副読本をお持ちの方はこちらをお選びください。


▶︎副読本『貼り込みの基本』の詳細はこちら

※この副読本は今後発売予定の全ての教本で使javascript:jf_Set();われますので、「縢襠付筥迫」で使われる作業以外の内容も含まれています。
※副読本は今後発売予定の他の教本にも使われますので、一度購入されれば次回からは教本のみを購入することになります。
※教本のみを試しに買ってみたい(それでできるかどうかを判断したい)という方のために、単体での販売もしております。




教本に付属している型紙は大人用です。
子供用は教本P.12、または型紙の縮小率を参考に、
サイズ調整をしてお使いください。
型番 003
販売価格

2,580円(内税)

購入数
up down
オプション