ホーム
マイアカウント
お問い合わせ
教本:婚礼用和装小物の作り方
婚礼用和装小物の作り方

筥迫を除く「懐剣(袋・房)」「抱え帯」「丸ぐけ」の作り方です。

【仕 様】教 本:A4版、フルカラー、10ページ、型紙1枚、ファイル付き

【内 容】
●「筥迫」及び「婚礼用和装小物」表布の必要サイズの目安
●懐剣入れ
 1)型芯の作り方
 2)袋の作り方
 3)房紐の作り方
 4)菊結び(楔形)の結び方
 5)房紐の結び方
●抱え帯の作り方
 (表布のはぎ合わせ方付)
●丸ぐけの作り方
●懐剣型紙


※ご注意
「婚礼用和装小物の作り方」には、「筥迫」の作り方は含まれません。
筥迫をお作りになりたい方は、別途「びら簪付筥迫の作り方」をご購入ください。


婚礼用和装小物(筥迫除く)は、特に作りの難しい物はありませんが、唯一難儀といえるのが「懐剣房」です。
筥迫房と違って大きく目立ちやすいので、懐剣の袋本体よりも房の方が目立つので、房がメインと言っても過言ではありません。
この房を作るには、きれいな形に作るための細心の注意が必要です。
しかし出来上がった房の美しさに、誰もが感動をおぼえることでしょう。

懐剣の他には「抱え帯」「丸ぐけ」がありますが、この二つはひたすら長い「まつり縫い」ができればそれほど難しくはないので、「筥迫」「懐剣」までを仕上げることができれば、是非お揃いの「抱え帯」「丸ぐけ」も作っていただきたいと思います。

これでこの世に二つとない、完全オリジナルな花嫁衣装ができることでしょう。

懐剣房作りに自信のない方は、出来上がりの「撚り房」を購入して代用することができます。
打ち紐と菊結びは自分で作りたいという方は、撚り房単品懐剣用打ち紐をご注文ください。
菊結びまでを含めた飾り房全てが欲しいという方は、飾り紐付き撚り房をご注文ください。

型番 0020
販売価格

1,242円(内税)

購入数
up down